将来の脳卒中と明るい開放されたオープンMRIどちらが良い!?

pl-2014291655789

脳卒中は脳の血管が破れることによって起こる
脳内出血、くも膜下出血と脳の血管が詰まって
起こる脳梗塞や一過性脳虚血発作等のことです。

あなたは何か気になる症状はありますか?

めまいや痺れ、頭痛は大丈夫ですか?

今は大丈夫になったからと先延ばしにしていませんか?

閉所恐怖症だからと脳ドックを避けていませんか?

そんなあなたには明るく解放された
オープンMRIをお勧めします!

脳卒中の自覚症状が出る前に発見できます

56207e411b0b1a226313257fe4782523_s

脳ドックは脳の健康診断です。

他の臓器の健康診断と同様に自覚症状が
出る前に、脳の異常を発見できます。

MRIでは脳の状態を知ることができ、
MRAで脳の血管の状態がわかります。

将来の脳内出血につながる今は症状が出ていない
無症候性の脳出血、脳梗塞につながる無症候性の
脳梗塞、くも膜下出血につながる未破裂の
脳動脈瘤を発見することができます。

その他にも良性や悪性の脳腫瘍や脳梗塞の原因につながる
頚部動脈狭窄、脳出血を起こしやすい先天性の病気である
脳動静脈奇形が見つかる場合もあります。

脳ドックの検査項目にあるMRIをオープンMRIに

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳ドックの検査項目には問診、診察、頭部CT、
MRI、MRA、頚動脈エコー、心電図、尿検査、
血液検査、動脈硬化検査があります。

これは一般例で、検査内容によって変わってきます。

しかし、脳の状態を調べるためにMRI装置に
入って調べるMRI、MRAは必要です。

狭くて暗いMRI装置が嫌で脳ドックを
避けている人も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのがオープンMRIです。

トラウマになることなくMRI検査が受けられます。

後遺症になり寝たきりよりもオープンMRI

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s

脳卒中は寝たきりの原因第1位と言われています。

脳卒中になったからすべての人が
寝たきりになるわけではありません。

しかし、少しでもリスクは減らしたいと思いませんか?

そのためにはやっぱり脳ドックの受診が必要です。

閉所恐怖症でも大丈夫なオープン型MRIの脳ドックがあります。

また、脳ドックを快適に受けるために
オープンMRIのある施設を選びませんか?

オープンMRI

コメントを残す