未破裂脳動脈瘤を防ぐ!オープンMRI

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

年齢や高血圧、喫煙等の何らかの理由によって
脳の動脈の分かれ道に瘤ができることがあります。

これを脳動脈瘤といいます。

この脳動脈瘤は薄く非常に弱い状態にあります。

いつ破れるかはわかりません。

しかし、MRIによる検査ではこの
未破裂の脳動脈瘤を発見できます。

閉所恐怖症なら狭いMRIは苦手かもしれません。

暗くて狭いMRI装置よりも明るくて
開放的なオープンMRIで検査を受けませんか?

くも膜下出血はどうして起こる?

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

くも膜下出血はくも膜下腔にある脳動脈瘤が
破裂して出血を起こす病気です。

出血の部位や程度によって、
症状や後遺症は異なります。

しかし、多くはハンマーで頭を殴られたような
今まで経験したことのない痛みといわれています。

そのほかには頭痛、吐き気、意識消失、
重症では死亡する場合もあります。

くも膜下出血の前兆ってあるの?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

くも膜下出血は何の前兆もなく
発症する場合がほとんどです。

中には、くも膜下出血になる数日前に血圧が上がったり
下がったりする方、めまいがする方、頭痛がする方、
物が二重に見える方等がいらっしゃいます。

しかし、普段の不調とはなかなか
区別がつきにくいですよね。

少しでも気になる症状がある方は、
オープンMRIを受けましょう。

未破裂の脳動脈瘤が見つかるかもしれません。

くも膜下出血になる前にオープンMRI

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_sご家族にくも膜下出血になられた方がいる場合は、
同様にくも膜下出血を起こす確率が高くなります。

また、一度くも膜下出血になられた
方も再発する危険性があります。

もし、未破裂の脳動脈瘤を破裂する前に治療できれば、
治療せずに破裂してしまった人と比べて、
リハビリにかける時間も少なく早く回復できます。

そうなれば、社会復帰できる時間も短縮できます。

あなたは、リハビリにかける時間と脳ドックに
かける時間のどちらを選びますか?

閉所恐怖症の人で設けられるオープンMRIを
設けている施設もあります。

悩んでいるなら脳ドックを受けて
おいて損はないと思いませんか?

オープンMRI