オープンMRIではなぜパニックにならない?

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

【脳ドックで毎日の健康を!】

毎日の健康をチェックするために、病気の早期発見
や予防を目的とした人間ドックを受ける方が近年では
増加傾向にあります。

人間ドックは体の中をしっかりと調べてくれる検査の内容
となっていますが、脳の健康までは調べる事ができません。

脳の健康を調べる為には、脳ドックという専門の検査を
受ける必要があります。

この記事では、脳ドックの必要性やオープンMRIの
存在について分かりやすく説明します。

なぜ、あなたは脳ドックを受けなければならない!?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

脳ドックを受ける理由は、脳内の健康をしっかりと確認
する為です。

体が元気であってもそれらを動かす脳が正常に機能する
事が出来ないと意味がありません。

脳ドックでは、脳卒中や脳の委縮などを早期に発見できる
事ができる唯一の手段となっています。

脳疾患の特徴は、自覚症状が無い事です。
自覚症状が無いので、発症してしまったら命に関わる
重大な疾患へと繋がってしまいます。

一命を取り留めたとしても、麻痺や障害が残ってしまう
ケースが多いのも、脳疾患の怖さだと言えます。

知っていますか?脳ドックの検査内容と問題点!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

脳卒中や脳疾患を未然に防ぐために脳ドックを受診
する事をおすすめします。

脳ドックに行って脳内の健康を守ってください!と
この記事では訴えておりますが、一体どんな検査を
していくのか?

また問題は何かをこの章ではお伝えしていきたいと
思います。

脳ドックの検査内容は、問診と画像診断が
メインになります。

画像診断ではCTスキャンやMRIを用いて
脳内の状態を調査します。

この画像診断が脳ドックの特徴となります。

脳ドックの検査内容と問題点②とは!?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

この画像診断で主に使用するMRIは強力な磁気を用い
脳内を確認しますが、脳ドックには必須の検査です。

しかし、閉所恐怖症の方や高齢の方、小さなお子さん
と長時間MRIの中に入れない方をどの様に検査
するのかが問題として取り上げられてきました。

そこで登場したのが、オープンMRIという機器と
なります。

従来のMRIの問題点であった閉鎖された空間を
オープンにする事で、今まで受ける事が困難であった
方に対して、検査を実施する事が可能となりました。

脳内の健康を把握するために、脳ドックでの検診を!

オープンMRI

コメントを残す