脳ドックの検査は本当に必要か!?

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

最近増えてきている脳卒中。

最近高齢者の方でなくとも、若い方でも突然
脳卒中にかかられる方が増えてきています。

視野がかける。物が二重に見える。

片方の腕や足に力が入らなくなる。

支えなしで立てないくらい急にふらつく。

突然の手足のしびれ。

こんな時は、すぐ119番して救急車を呼びましょう。

脳卒中は高血圧、糖尿病、心臓病、脂質異常症
などが基盤となって起こります。

怖がりだった私が全然大丈夫でした!

pl-2014291655789

私は、現在50代半ばですが、10年ほど前にたびたび
めまいを起こし、その場に倒れこんでじっとしてても
30分ぐらい目がくるくるまわって、立てないという
ことが、1か月以上はつづきました。

父がかかっていた内科のお医者さまに相談してみた
ところ『大きな病院の耳鼻咽喉科で一度診てもらった
ほうがいい。』とアドバイスをいただきました。

そして、すぐに近所の病院で診てもらったところ、
すぐに脳と耳のMRIの予約をとっていただきました。

なにか噂ではとても怖いもの、と
聞いていたので不安で仕方なかったですが、検
査の前に「こわいです。」と伝えました。

MRIはどの位のプレッシャーがある!?

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

検査員の方が耳栓(コンビニ、スーパーの薬品など
のところに置いてある防音用)を渡してくれました。

そして、ヘッドホンを耳にスポッとかぶ
せてくれました。

気分が悪くなった時用に、押
すボタンを渡されました。

そして、これは大事な事ですが、やはり、
先生には検査が不安だと必ず、伝えてください。

安定剤など処方していただけるかもしれません。

それと私は、普段から般若心経や落語のじゅげむを
暗唱すること、クラシック音楽で心を落ち着けたり、
自律訓練法などで心を落ち着けるようにとにかく
その日に備えて、不安な気持ちをノートに書き
まくったりいろいろ試みました。

オープン型のMRIは不安をグッと和らげます!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

それでも当日は不安です。

いえ、不安のままでGOしましょう。

なんとかなる!最近はなんと「オープンMRI」
なるものが登場したそうです。

脳の委縮や認知症などがないか
どうかも調べていただけるそうです
案ずるより産むが易しです。

ぜひ、心配な方は
一度よい先生をさがして行ってみてください。

オープンMRI

コメントを残す