頭の病気、他人事と思い込んでいませんか?

脳出血や脳梗塞なんて大きな病気には
めったにならないだろうと
思っていたらそれは大きな間違いです。

脳出血、脳梗塞を含めた脳血管疾患は
死亡原因の第4位にもなっており、
比率では約10~11人に1人が
頭に関わる病気が原因で亡くなっています。

ということは、死には至っていないが
頭の病気を抱えている人の割合はさらに高い
ということが推定できます。

頭の病気は無症状であったり
小さな徴候であることが多いために
気づかないまま突然死に至るケースも多いのです。

あのとき病院に行っていれば・・脳梗塞の怖さ

もしあなたがある日突然
手に痺れを感じたり、言葉が上手く出てこなかったり
または強い頭痛やめまいが続いたりするようであれば
一刻も早く病院で検査をしてください。

それは脳梗塞の危険信号かもしれません。

脳梗塞は治療が遅れてしまうと
言語障害、歩行障害、認知症が起こることもあります。

様々な後遺症を乗り越えて社会生活に戻るためには
治療に加えて長期のリハビリも必要となりますが、

脳梗塞を発症してから自宅に戻ってくるまでには
平均で4カ月もかかると言われています。

脳ドック、どのくらいの頻度で受ける?

脳ドックではMRIの検査で小さな脳梗塞や脳出血を
見つけて今後どのような頭の病気が
起こりやすくなるかを知ることができます。

脳ドックの頻度の目安は
50代以上なら2~3年に一度
70代以上なら1年に一度ですが、
親族に頭の病気で亡くなった人がいたり
高血圧を患ったりしている場合は
脳卒中が起こるリスクが3~7倍も高くなるため
30代、40代からの受診をおすすめします。

MRIというと狭い、うるさいといった怖いイメージを
抱きがちですが現在はオープンMRIといって
圧迫感が少ないMRIもあります。
突然の病気で自分や家族の生活の質を下げないためにも
脳ドックで早期発見・早期治療をしていきましょう。

広い!静か!オープン型MRIで脳ドックをうけてみた

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

自分は極度の閉所恐怖症です。

以前MRIの検査を受けたときは頭の周りを機械で固定された
うえにトンネル型の機械の中で「ドンドン、カンカン」
工事現場みたいな音を狭い場所で聞かされた結果、
ものの3分でギブアップ。

なのでMRIの検査は諦めていたのですが、ネットで探して
みると「オープン型MRI」という文字が。

MRIがオープン???どういう状態?
結論から言うと、このオープン型MRIというものであ
れば閉所恐怖症の自分でも最後までMRIの検査を受け
ることができました。

知らなきゃ損!オープンMRI

MRIの機械は全部トンネル型だと思っていましたが、
実際は2つ種類があって1つがトンネル型。
そしてもう1つがこのオープン型です。

何が“オープン”なのかというと頭の上の機械が
ハンバーガーのような形をしているため
顔の周りの空間がほぼ360度開けています。

手を広げたり体を自由に動かせる空間があっていざとなれば
横からするりと抜けだせるので「何か起こったら
逃げ出せない」という恐怖感はありません。

しかも!
あの「ガンガン」という工事現場みたいな音が
トンネル型の時より静かな点も良かったです。

怖い頭の病気。気づいていないだけかも・・

MRIを使った脳ドックの検査では脳動脈瘤の有無、
脳梗塞の兆候、頭の委縮の程度、認知症のリスク、
脳腫瘍の有無などが画像から分かるそうです。

中でも脳動脈瘤とは血管にこぶが出来る病気ですが
普段は無症状のため大半の人が気付きません。

しかしこれが何かの拍子に破裂してしまうと
クモ膜下出血が起こり、最悪の場合死に至ります。

クモ膜下出血は突然起こるイメージがありますよね。

実際は8割~9割がもとから存在する
脳動脈瘤の破裂によるものと言われています。

つまり、
15分~30分の脳ドックであらかじめ脳卒中の兆候が
分かっていれば薬などで防げたものなのです。

MRI検査は怖いと思い込まないで!

とりあえず受けてみて思ったのは
「オープン型MRIなら閉所恐怖症でも受けられる」
ということでした。

また私は大丈夫でしたが、
オープン型MRIではお願いすれば
家族や付き添いが検査室に一緒に入って
検査を受けることもできるみたいです。
これなら初めての検査で不安な方や
小さな子供もこわくないですよね!

自分自身、閉所恐怖症だからMRIは
出来ないと思っていました。

なのでこれから脳ドックを受ける方には
オープン型MRIを強くおすすめします!

狭くない!?オープン型MRIの脳ドック

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

狭いところでじっとしているのが苦手、狭い空間に
閉じ込められることに極度の苦痛を感じる、
このような特徴がある閉所恐怖症。

閉所恐怖症の方にとっては全身がトンネル型の
機械の中に入って行わなければならないMRIの検査は
非常に圧迫感があり15~30分の検査を最後まで
行うことが難しい方が多くいます。

特に、頭の検査を行う脳ドックでは顔の周りに
すっぽりお面のような機械を被せて検査をするため、
顔も身体も動かせない状況となり普段狭い
ところが苦手だと感じたことがない人でも
途中で検査をリタイアしてしまう方がいるほどです。

そこで!今回は閉所恐怖症の人でも安心して受けられ
るオープン型MRIを用いた脳ドックをご紹介します。

狭いMRIでなぜあなたは我慢するのですか?

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

MRIといえば通常トンネル型のような
機械を想像する方も多いと思います。

MRIは放射線を使わずに強力な磁石と電磁波を
利用して検査をしていてトンネル型の場合は
超電導磁石、オープン型の場合は永久磁石という
異なる磁石を利用しています。

それぞれ多少特徴が異なりますが脳ドックにおいて
オープン型MRIでもトンネル型MRIでも画像にほとんど
差はないと言われています。

オープン型MRIの最大の特徴は横が開いており、
いつでも抜け出せるような構造になっている点です。

トンネル型と違い全身がすっぽりと覆われて
いないので閉所恐怖症のかたでもリラックス
して検査ができます。

また小さいお子さんの場合には横で保護者が
付き添うこともできるためお子さんも
お母さんも安心して検査ができます。

信じ切っていませんか?本当に脳ドックは高い?

72202146cf73aebada4b5a1412601dbc_s

脳ドックは平均して4~9万円ほどの施設が
多く高額に感じる方もいると思います。

しかし、厚生労働省によると脳卒中で入院した場合の
平均入院日数は約40日、1日あたりの治療費
約3万8千円、入院中の治療総額は
約155万8千円、3割負担の場合でも
約46万7400円掛かることが分かっています。

もちろん個人差はありますがさらに差額ベッド代や高度な
手術をした場合の治療費が追加される場合もありますし
長期のリハビリも必要となります。

つまり、脳卒中が起こってしまってからの費用と比較
すると脳ドックで早期から細くなっている血管や
脳卒中を起こしそうなところを見つけて通院しながら
薬で治療した方が治療費もかかりません。

そしてなにより死に至る危険を避けることができます。

健康なときは高く感じるかもしれませんが
長い目で見ればお得な検査と言えます。

余裕を持たず、早めに脳ドックに行くのが大事?

m030962

頭の病気は早期に発見することで治療ができます。

不安はあるけど閉所恐怖症があるからMRIを使った
脳ドックを諦めてしまっている方は是非オープン型の
MRIでの脳ドックを検討してみてくださいね!

「閉所恐怖症」でも大丈夫! オープンなMRIもあるんです」

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s

健康診断に行ってさえいれば
安心だと、アナタは思っていませんか? 

実は日本人の死因の第4位は「脳卒中」ですが、
意外に高い順位だとは思いませんか。

「脳卒中」と言っても、実はどういうものなのか
知らない方もいるかもしれません。

脳が虚血状態になってしまう病気です。

動脈硬化が原因ですが、この動脈硬化を 引き起こすのは
高血圧、脂質異常、糖尿病なのです。

若いから自分はまだ関係ないと思っていませんか。

私事ですが、会社で二十代で倒れた人が実際にいました。

幸い死は免れましたが、体調不良が
続き退職してしまいました。

将来を嘱望されていただけに、非常に残念です。

脳卒中の前兆はまずは視界から!?

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

視野がかけたり物が二重に見える。

次は身体的なところです。

左右の腕や足の一方に麻痺した感じがある。

壁や手すりなどに頼らなくては立てない
くらい急なふらつき感がある。

突然の手足のしびれをおぼえた。

このような時は、すぐ救急車を呼ぶべきなのです。

知っておきたいMRIの問題点

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

一つは高額であることでしょう。

しかし、これは命を守るものとしては
仕方のない金額だと思ってください。

もう一つは閉所であるため、閉所恐怖症の方や
パニック障害を持っている方、じっとしていられない
お子様などには検査自体が難しかったのは確かでした。

そういう問題点を解決できないのかと
開発されたのが「オープン型MRI」です。

従来のMRIとは違って閉鎖された空間を オープンに
する事で、検査を拒絶していた閉所恐怖症やパニック障害、
小さなお子様などに対して、検査を
実施する事が可能となりました。

私自身も少しパニック障害がありますが、
オープンであれば受けてみたいと思います。

オープンMRIを受けるべき方への一言

pl-2014291655789

一度起きてしまうと脳に深刻な
ダメージが残る可能性も高い「脳卒中」。

少しでも前兆があったり、不安があったら
受けておくことをお勧めします。

特に40歳を超えている方のは強くそう思います。

オープンMRI

オープンMRIではなぜパニックにならない?

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

【脳ドックで毎日の健康を!】

毎日の健康をチェックするために、病気の早期発見
や予防を目的とした人間ドックを受ける方が近年では
増加傾向にあります。

人間ドックは体の中をしっかりと調べてくれる検査の内容
となっていますが、脳の健康までは調べる事ができません。

脳の健康を調べる為には、脳ドックという専門の検査を
受ける必要があります。

この記事では、脳ドックの必要性やオープンMRIの
存在について分かりやすく説明します。

なぜ、あなたは脳ドックを受けなければならない!?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

脳ドックを受ける理由は、脳内の健康をしっかりと確認
する為です。

体が元気であってもそれらを動かす脳が正常に機能する
事が出来ないと意味がありません。

脳ドックでは、脳卒中や脳の委縮などを早期に発見できる
事ができる唯一の手段となっています。

脳疾患の特徴は、自覚症状が無い事です。
自覚症状が無いので、発症してしまったら命に関わる
重大な疾患へと繋がってしまいます。

一命を取り留めたとしても、麻痺や障害が残ってしまう
ケースが多いのも、脳疾患の怖さだと言えます。

知っていますか?脳ドックの検査内容と問題点!

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

脳卒中や脳疾患を未然に防ぐために脳ドックを受診
する事をおすすめします。

脳ドックに行って脳内の健康を守ってください!と
この記事では訴えておりますが、一体どんな検査を
していくのか?

また問題は何かをこの章ではお伝えしていきたいと
思います。

脳ドックの検査内容は、問診と画像診断が
メインになります。

画像診断ではCTスキャンやMRIを用いて
脳内の状態を調査します。

この画像診断が脳ドックの特徴となります。

脳ドックの検査内容と問題点②とは!?

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

この画像診断で主に使用するMRIは強力な磁気を用い
脳内を確認しますが、脳ドックには必須の検査です。

しかし、閉所恐怖症の方や高齢の方、小さなお子さん
と長時間MRIの中に入れない方をどの様に検査
するのかが問題として取り上げられてきました。

そこで登場したのが、オープンMRIという機器と
なります。

従来のMRIの問題点であった閉鎖された空間を
オープンにする事で、今まで受ける事が困難であった
方に対して、検査を実施する事が可能となりました。

脳内の健康を把握するために、脳ドックでの検診を!

オープンMRI

脳血管障害の画像検査ならまずはMRI!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

頸動脈エコーやCTなどが脳ドックの検査に
使用されることも多いが、脳血管の
画像を取るためにMRIは欠かせない!

更に認知症の原因となる脳萎縮の画像診断も
行ってくれる脳ドックもあるくらいなのです。

それだけMRI・MRAのコントラストが
脳ドックでの検査に必要とされているのです。

脳ドックは費用が高いと言われているが、
やはりMRIをするから料金が高くなるのです。

しかし、脳卒中で絶命する危険を秘めているのならもはや
脳ドックの値段がどうこう言うべきではないでしょうか?

脳卒中を発症してしまうと後遺障害等で苦しみます!!

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳梗塞であろうが、脳溢血であろうが、前兆を
感じて行動するより予防に努めるべきなのです。

なぜなら身体障害である片麻痺などで
リハビリに励まなければならなくなります。

今まで動いていた手足などが不自由に
なる苦しみを味わいたいですか?

脳卒中は頭の病気、脳を傷める病気なので
後遺症として身体の障害が出てくるのです。

予防には脳ドックが一番なのです。

日本人の死亡原因の第4位は脳血管障害

pl-2014291655789

脳ドックなんて行かなくてもいいやと
思っている方は多いかもしれません。

この脳卒中で死亡する方は日本人の
死亡原因の4位となっています。

脳が虚血状態になってしまう病気ですが、
心臓で起これば心筋梗塞などになってしまいます。

どちらも動脈硬化が原因ですが、この動脈硬化を
引き起こすのは高血圧、脂質異常、糖尿病なのです。

あなたが40以上であるならばこの
虚血状態になる疾患に対しての注意が必要です。

閉所恐怖症が気になる方はオープン型
MRIで検査を受ければいいのです。

オープンMRI

脳ドックの検査は本当に必要か!?

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

最近増えてきている脳卒中。

最近高齢者の方でなくとも、若い方でも突然
脳卒中にかかられる方が増えてきています。

視野がかける。物が二重に見える。

片方の腕や足に力が入らなくなる。

支えなしで立てないくらい急にふらつく。

突然の手足のしびれ。

こんな時は、すぐ119番して救急車を呼びましょう。

脳卒中は高血圧、糖尿病、心臓病、脂質異常症
などが基盤となって起こります。

怖がりだった私が全然大丈夫でした!

pl-2014291655789

私は、現在50代半ばですが、10年ほど前にたびたび
めまいを起こし、その場に倒れこんでじっとしてても
30分ぐらい目がくるくるまわって、立てないという
ことが、1か月以上はつづきました。

父がかかっていた内科のお医者さまに相談してみた
ところ『大きな病院の耳鼻咽喉科で一度診てもらった
ほうがいい。』とアドバイスをいただきました。

そして、すぐに近所の病院で診てもらったところ、
すぐに脳と耳のMRIの予約をとっていただきました。

なにか噂ではとても怖いもの、と
聞いていたので不安で仕方なかったですが、検
査の前に「こわいです。」と伝えました。

MRIはどの位のプレッシャーがある!?

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

検査員の方が耳栓(コンビニ、スーパーの薬品など
のところに置いてある防音用)を渡してくれました。

そして、ヘッドホンを耳にスポッとかぶ
せてくれました。

気分が悪くなった時用に、押
すボタンを渡されました。

そして、これは大事な事ですが、やはり、
先生には検査が不安だと必ず、伝えてください。

安定剤など処方していただけるかもしれません。

それと私は、普段から般若心経や落語のじゅげむを
暗唱すること、クラシック音楽で心を落ち着けたり、
自律訓練法などで心を落ち着けるようにとにかく
その日に備えて、不安な気持ちをノートに書き
まくったりいろいろ試みました。

オープン型のMRIは不安をグッと和らげます!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

それでも当日は不安です。

いえ、不安のままでGOしましょう。

なんとかなる!最近はなんと「オープンMRI」
なるものが登場したそうです。

脳の委縮や認知症などがないか
どうかも調べていただけるそうです
案ずるより産むが易しです。

ぜひ、心配な方は
一度よい先生をさがして行ってみてください。

オープンMRI

未破裂脳動脈瘤を防ぐ!オープンMRI

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

年齢や高血圧、喫煙等の何らかの理由によって
脳の動脈の分かれ道に瘤ができることがあります。

これを脳動脈瘤といいます。

この脳動脈瘤は薄く非常に弱い状態にあります。

いつ破れるかはわかりません。

しかし、MRIによる検査ではこの
未破裂の脳動脈瘤を発見できます。

閉所恐怖症なら狭いMRIは苦手かもしれません。

暗くて狭いMRI装置よりも明るくて
開放的なオープンMRIで検査を受けませんか?

くも膜下出血はどうして起こる?

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

くも膜下出血はくも膜下腔にある脳動脈瘤が
破裂して出血を起こす病気です。

出血の部位や程度によって、
症状や後遺症は異なります。

しかし、多くはハンマーで頭を殴られたような
今まで経験したことのない痛みといわれています。

そのほかには頭痛、吐き気、意識消失、
重症では死亡する場合もあります。

くも膜下出血の前兆ってあるの?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

くも膜下出血は何の前兆もなく
発症する場合がほとんどです。

中には、くも膜下出血になる数日前に血圧が上がったり
下がったりする方、めまいがする方、頭痛がする方、
物が二重に見える方等がいらっしゃいます。

しかし、普段の不調とはなかなか
区別がつきにくいですよね。

少しでも気になる症状がある方は、
オープンMRIを受けましょう。

未破裂の脳動脈瘤が見つかるかもしれません。

くも膜下出血になる前にオープンMRI

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_sご家族にくも膜下出血になられた方がいる場合は、
同様にくも膜下出血を起こす確率が高くなります。

また、一度くも膜下出血になられた
方も再発する危険性があります。

もし、未破裂の脳動脈瘤を破裂する前に治療できれば、
治療せずに破裂してしまった人と比べて、
リハビリにかける時間も少なく早く回復できます。

そうなれば、社会復帰できる時間も短縮できます。

あなたは、リハビリにかける時間と脳ドックに
かける時間のどちらを選びますか?

閉所恐怖症の人で設けられるオープンMRIを
設けている施設もあります。

悩んでいるなら脳ドックを受けて
おいて損はないと思いませんか?

オープンMRI

将来の脳卒中と明るい開放されたオープンMRIどちらが良い!?

pl-2014291655789

脳卒中は脳の血管が破れることによって起こる
脳内出血、くも膜下出血と脳の血管が詰まって
起こる脳梗塞や一過性脳虚血発作等のことです。

あなたは何か気になる症状はありますか?

めまいや痺れ、頭痛は大丈夫ですか?

今は大丈夫になったからと先延ばしにしていませんか?

閉所恐怖症だからと脳ドックを避けていませんか?

そんなあなたには明るく解放された
オープンMRIをお勧めします!

脳卒中の自覚症状が出る前に発見できます

56207e411b0b1a226313257fe4782523_s

脳ドックは脳の健康診断です。

他の臓器の健康診断と同様に自覚症状が
出る前に、脳の異常を発見できます。

MRIでは脳の状態を知ることができ、
MRAで脳の血管の状態がわかります。

将来の脳内出血につながる今は症状が出ていない
無症候性の脳出血、脳梗塞につながる無症候性の
脳梗塞、くも膜下出血につながる未破裂の
脳動脈瘤を発見することができます。

その他にも良性や悪性の脳腫瘍や脳梗塞の原因につながる
頚部動脈狭窄、脳出血を起こしやすい先天性の病気である
脳動静脈奇形が見つかる場合もあります。

脳ドックの検査項目にあるMRIをオープンMRIに

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳ドックの検査項目には問診、診察、頭部CT、
MRI、MRA、頚動脈エコー、心電図、尿検査、
血液検査、動脈硬化検査があります。

これは一般例で、検査内容によって変わってきます。

しかし、脳の状態を調べるためにMRI装置に
入って調べるMRI、MRAは必要です。

狭くて暗いMRI装置が嫌で脳ドックを
避けている人も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのがオープンMRIです。

トラウマになることなくMRI検査が受けられます。

後遺症になり寝たきりよりもオープンMRI

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s

脳卒中は寝たきりの原因第1位と言われています。

脳卒中になったからすべての人が
寝たきりになるわけではありません。

しかし、少しでもリスクは減らしたいと思いませんか?

そのためにはやっぱり脳ドックの受診が必要です。

閉所恐怖症でも大丈夫なオープン型MRIの脳ドックがあります。

また、脳ドックを快適に受けるために
オープンMRIのある施設を選びませんか?

オープンMRI

脳ドック受診おすすめ該当者?!オープンMRIで受診しよう

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

健康診断はほとんどの人に周知されていますよね。

また、ある年齢になったら大腸、胸、子宮等の健康診断
が自治体によって勧められると思います。

しかし、脳ドックは自費により受診する必要が
あるため、なかなか受診が難しい側面があります。

かといって、他の臓器の健康診断をしているのに、
脳だけ健康診断をせずに放っておいて
良いはずはありませんよね。

あなたは脳ドックの受診おすすめ
該当者になっていませんか?

知っていますか?脳卒中の原因

07a64e5e43bea38f53b56b84290818d0_s

脳卒中のリスクをご存知ですか?

家族に脳梗塞、一過性脳虚血発作、くも膜下出血、
脳内出血になった方がおられる方は
よりリスクが高いといわれています。

また、脳の血管にも大きな影響を及ぼす高血圧です。

高血圧の状態が未破裂の脳動脈瘤を
作っているかもしれません。

LDLコレステロールや中性脂肪の
高い脂質異常はありませんか?

血液がドロドロで脳血管が詰まるかもしれません。

血糖コントロール不良の糖尿病の方はいませんか?

高血糖状態は脳内の細い血管まで
動脈硬化を進め、つまり易くなってしまいます。

一日何本タバコを吸いますか?

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s

基本的にタバコはやめるべきなのです。

百害あって一利なしとも言いますよね。

タバコを吸うとニコチンやタール、
一酸化炭素も一緒に体に吸収されます。

それらの影響で血管が縮み
脳に血液がいきにくくなります。

昨日はどれだけ飲んだり食べたりしましたか?

毎日のたくさんのお酒や脂っこい食事は肥満や
高血圧、糖尿病、脂質異常を引き起こし、
それらが脳卒中のリスクにつながります。

あなたは脳ドックの受診年齢かも?!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

あなたは今おいくつですか?

一般に脳ドックの受診が薦められるのは
40歳といわれています。

これは動脈硬化のリスクが高まる年齢が
40歳程度とされているからです。

しかし、年齢と共に動脈硬化がおこりますが、生活習慣
や体質によっても動脈硬化の進み方が違います。

動脈硬化が進んでいる方は年齢に
関係なく脳ドックを受けたほうが良いでしょう。

生活習慣だけで防げますか?やっぱりオープンMRI

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

食事、運動、規則正しい生活
だけでは脳卒中は防げないのです。

脳ドックを受けて脳の健康診断をして
脳の健康状態を知る必要があります。

明るく開放されたオープンMRIもあります。

閉所恐怖症の方でもパニックを起こさずに
検査をする事ができるMRIなのです。

暗いところや狭いところが嫌な方はぜひオープンMRI
設備のある施設を選んで脳ドックを受けましょう。

オープンMRI