脳血管障害の画像検査ならまずはMRI!

9d0071840fdf5e14d2ac4248b0c3cc4c_s

頸動脈エコーやCTなどが脳ドックの検査に
使用されることも多いが、脳血管の
画像を取るためにMRIは欠かせない!

更に認知症の原因となる脳萎縮の画像診断も
行ってくれる脳ドックもあるくらいなのです。

それだけMRI・MRAのコントラストが
脳ドックでの検査に必要とされているのです。

脳ドックは費用が高いと言われているが、
やはりMRIをするから料金が高くなるのです。

しかし、脳卒中で絶命する危険を秘めているのならもはや
脳ドックの値段がどうこう言うべきではないでしょうか?

脳卒中を発症してしまうと後遺障害等で苦しみます!!

1de03752b0036cd7a015fecab4bdc978_s

脳梗塞であろうが、脳溢血であろうが、前兆を
感じて行動するより予防に努めるべきなのです。

なぜなら身体障害である片麻痺などで
リハビリに励まなければならなくなります。

今まで動いていた手足などが不自由に
なる苦しみを味わいたいですか?

脳卒中は頭の病気、脳を傷める病気なので
後遺症として身体の障害が出てくるのです。

予防には脳ドックが一番なのです。

日本人の死亡原因の第4位は脳血管障害

pl-2014291655789

脳ドックなんて行かなくてもいいやと
思っている方は多いかもしれません。

この脳卒中で死亡する方は日本人の
死亡原因の4位となっています。

脳が虚血状態になってしまう病気ですが、
心臓で起これば心筋梗塞などになってしまいます。

どちらも動脈硬化が原因ですが、この動脈硬化を
引き起こすのは高血圧、脂質異常、糖尿病なのです。

あなたが40以上であるならばこの
虚血状態になる疾患に対しての注意が必要です。

閉所恐怖症が気になる方はオープン型
MRIで検査を受ければいいのです。

オープンMRI

未破裂脳動脈瘤を防ぐ!オープンMRI

6cc8d685c2ff7a3f5a41479636322bd7_s

年齢や高血圧、喫煙等の何らかの理由によって
脳の動脈の分かれ道に瘤ができることがあります。

これを脳動脈瘤といいます。

この脳動脈瘤は薄く非常に弱い状態にあります。

いつ破れるかはわかりません。

しかし、MRIによる検査ではこの
未破裂の脳動脈瘤を発見できます。

閉所恐怖症なら狭いMRIは苦手かもしれません。

暗くて狭いMRI装置よりも明るくて
開放的なオープンMRIで検査を受けませんか?

くも膜下出血はどうして起こる?

6370f9be6350b1b43e95547ad9f81b0b_s

くも膜下出血はくも膜下腔にある脳動脈瘤が
破裂して出血を起こす病気です。

出血の部位や程度によって、
症状や後遺症は異なります。

しかし、多くはハンマーで頭を殴られたような
今まで経験したことのない痛みといわれています。

そのほかには頭痛、吐き気、意識消失、
重症では死亡する場合もあります。

くも膜下出血の前兆ってあるの?

cd70ca121e17843ec5811ec59c18a8c8_s

くも膜下出血は何の前兆もなく
発症する場合がほとんどです。

中には、くも膜下出血になる数日前に血圧が上がったり
下がったりする方、めまいがする方、頭痛がする方、
物が二重に見える方等がいらっしゃいます。

しかし、普段の不調とはなかなか
区別がつきにくいですよね。

少しでも気になる症状がある方は、
オープンMRIを受けましょう。

未破裂の脳動脈瘤が見つかるかもしれません。

くも膜下出血になる前にオープンMRI

5b3f3d6bb8ec5d352f63dcb2b5e8eca3_sご家族にくも膜下出血になられた方がいる場合は、
同様にくも膜下出血を起こす確率が高くなります。

また、一度くも膜下出血になられた
方も再発する危険性があります。

もし、未破裂の脳動脈瘤を破裂する前に治療できれば、
治療せずに破裂してしまった人と比べて、
リハビリにかける時間も少なく早く回復できます。

そうなれば、社会復帰できる時間も短縮できます。

あなたは、リハビリにかける時間と脳ドックに
かける時間のどちらを選びますか?

閉所恐怖症の人で設けられるオープンMRIを
設けている施設もあります。

悩んでいるなら脳ドックを受けて
おいて損はないと思いませんか?

オープンMRI

将来の脳卒中と明るい開放されたオープンMRIどちらが良い!?

pl-2014291655789

脳卒中は脳の血管が破れることによって起こる
脳内出血、くも膜下出血と脳の血管が詰まって
起こる脳梗塞や一過性脳虚血発作等のことです。

あなたは何か気になる症状はありますか?

めまいや痺れ、頭痛は大丈夫ですか?

今は大丈夫になったからと先延ばしにしていませんか?

閉所恐怖症だからと脳ドックを避けていませんか?

そんなあなたには明るく解放された
オープンMRIをお勧めします!

脳卒中の自覚症状が出る前に発見できます

56207e411b0b1a226313257fe4782523_s

脳ドックは脳の健康診断です。

他の臓器の健康診断と同様に自覚症状が
出る前に、脳の異常を発見できます。

MRIでは脳の状態を知ることができ、
MRAで脳の血管の状態がわかります。

将来の脳内出血につながる今は症状が出ていない
無症候性の脳出血、脳梗塞につながる無症候性の
脳梗塞、くも膜下出血につながる未破裂の
脳動脈瘤を発見することができます。

その他にも良性や悪性の脳腫瘍や脳梗塞の原因につながる
頚部動脈狭窄、脳出血を起こしやすい先天性の病気である
脳動静脈奇形が見つかる場合もあります。

脳ドックの検査項目にあるMRIをオープンMRIに

5c1c81e6570946ed5e0fcac6c5386683_s

脳ドックの検査項目には問診、診察、頭部CT、
MRI、MRA、頚動脈エコー、心電図、尿検査、
血液検査、動脈硬化検査があります。

これは一般例で、検査内容によって変わってきます。

しかし、脳の状態を調べるためにMRI装置に
入って調べるMRI、MRAは必要です。

狭くて暗いMRI装置が嫌で脳ドックを
避けている人も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのがオープンMRIです。

トラウマになることなくMRI検査が受けられます。

後遺症になり寝たきりよりもオープンMRI

dc7ca2120ecde335cdddc1d3240406d0_s

脳卒中は寝たきりの原因第1位と言われています。

脳卒中になったからすべての人が
寝たきりになるわけではありません。

しかし、少しでもリスクは減らしたいと思いませんか?

そのためにはやっぱり脳ドックの受診が必要です。

また、脳ドックを快適に受けるために
オープンMRIのある施設を選びませんか?

オープンMRI

脳ドック受診おすすめ該当者?!オープンMRIで受診しよう

6c6058e23f190c0c610b1fbbc57ed066_s

健康診断はほとんどの人に周知されていますよね。

また、ある年齢になったら大腸、胸、子宮等の健康診断
が自治体によって勧められると思います。

しかし、脳ドックは自費により受診する必要が
あるため、なかなか受診が難しい側面があります。

かといって、他の臓器の健康診断をしているのに、
脳だけ健康診断をせずに放っておいて
良いはずはありませんよね。

あなたは脳ドックの受診おすすめ
該当者になっていませんか?

知っていますか?脳卒中の原因

07a64e5e43bea38f53b56b84290818d0_s

脳卒中のリスクをご存知ですか?

家族に脳梗塞、一過性脳虚血発作、くも膜下出血、
脳内出血になった方がおられる方は
よりリスクが高いといわれています。

また、脳の血管にも大きな影響を及ぼす高血圧です。

高血圧の状態が未破裂の脳動脈瘤を
作っているかもしれません。

LDLコレステロールや中性脂肪の
高い脂質異常はありませんか?

血液がドロドロで脳血管が詰まるかもしれません。

血糖コントロール不良の糖尿病の方はいませんか?

高血糖状態は脳内の細い血管まで
動脈硬化を進め、つまり易くなってしまいます。

一日何本タバコを吸いますか?

bdbba8a488ee1e1ddfe3f6381b25c995_s

基本的にタバコはやめるべきなのです。

百害あって一利なしとも言いますよね。

タバコを吸うとニコチンやタール、
一酸化炭素も一緒に体に吸収されます。

それらの影響で血管が縮み
脳に血液がいきにくくなります。

昨日はどれだけ飲んだり食べたりしましたか?

毎日のたくさんのお酒や脂っこい食事は肥満や
高血圧、糖尿病、脂質異常を引き起こし、
それらが脳卒中のリスクにつながります。

あなたは脳ドックの受診年齢かも?!

5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s

あなたは今おいくつですか?

一般に脳ドックの受診が薦められるのは
40歳といわれています。

これは動脈硬化のリスクが高まる年齢が
40歳程度とされているからです。

しかし、年齢と共に動脈硬化がおこりますが、生活習慣
や体質によっても動脈硬化の進み方が違います。

動脈硬化が進んでいる方は年齢に
関係なく脳ドックを受けたほうが良いでしょう。

生活習慣だけで防げますか?やっぱりオープンMRI

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s

食事、運動、規則正しい生活
だけでは脳卒中は防げないのです。

脳ドックを受けて脳の健康診断をして
脳の健康状態を知る必要があります。

明るく開放されたオープンMRIもあります。

閉所恐怖症の方でもパニックを起こさずに
検査をする事ができるMRIなのです。

暗いところや狭いところが嫌な方はぜひオープンMRI
設備のある施設を選んで脳ドックを受けましょう。

オープンMRI

他人にも勧めたい!オープンMRIで脳卒中後遺症を防ぐ

32777b2377b927350af757dc9f500546_s

脳卒中は寝たきりになる原因第1位といわれています。

誰もが健康で人生を全うしたいと願います。

しかし、脳の病気は突然に現れます。

もしかすると、脳の健康診断である脳ドックを受けて
いれば症状のないときに対処できるかも知れません。

他の人にも勧めたくなるような
オープンMRIをご存知ですか?

明るくて広いMRI装置なのです。

不快な思いをしてMRI検査を受けなくてよいのです。

脳卒中の後遺症の一つ高次脳機能障害

ae803b7b93fe06891bb01cc064949670_s

高次脳機能障害は脳卒中の後遺症の一つです。

脳が交通事故や脳卒中、脳炎、低酸素脳症等で
損傷を受けた時に言葉、思考、行為や学習、
注意等に障害が起こります。

この状態を高次脳機能障害と呼びます。

注意障害、記憶障害、失語識障害、
見当識障害、失行識障害等が現れます。

高次脳機能障害の原因第1位!

0f36928f0882b4762f1eba904062f5ca_s

高次脳機能障害となる原因は様々ですが、
一番多いとされているのが脳卒中です。

脳の傷害される部位によって、また、程度に
よって症状の出方や程度は様々です。

注意力や集中力に低下が見られる、新しいことが覚え
られなくなる、過去の記憶が思い出せなくなる、
コミュニケーションに支障をきたす、時間や場所、
人がわからなくなる、身体能力には問題がないのに
指示された内容が実行できない等が見られます。

日常生活行動やコミュニケーションに支障を
きたすために、家族との生活や社会との
かかわりに大きな影響を与えかねません。

脳卒中にならないと思ってる?オープンMRIで脳ドック

c4b5f6c1197b56bc767823f4913023ce_s

あなたは普段からどれほど健康に気をつけていますか?

バランスのとれた食事、適度な運動、規則正しい
生活を送る等様々な努力されているかもしれません。

しかし、遺伝的体質や年齢は気を
つけたくても気をつけることができません。

このようにどうすることもできない要素もあるのです。

脳の状態、脳の血管の状態を知るために一度
オープンMRIのある施設で脳ドックを受けてみませんか?

オープンMRI